女性スタッフ

ねずみ駆除業者の選び方とねずみによる被害・対策について

ネズミによる被害

悩む女性

一般の家庭にも住み着くことのあるネズミ。一匹であれば、被害も少なく自分で駆除できることが多いです。しかし、ネズミによる被害もあり、一匹だからと放置していると大変なことになるためネズミ駆除が必要です。
世界には、マンホールで生活する「マンホールチルドレン」と呼ばれる子供たちが存在します。ネズミ達が多く生息しているマンホールで生活している少年少女たちは、唇や耳たぶをネズミにかじられることが多いようです。日本でもネズミが、人間に噛みつき傷を負う被害も発生しています。特に寝たきりの方や、赤ちゃんなどに噛みつくことが多く、傷口が独特な形状になるため、病院で縫うこともできないため跡が残ることもあります。また、海外では赤ん坊が大量に噛まれ、死亡する事件も起きていたようです。他にも、ネズミの持つ菌によりアナフィラキシーショックを起きる可能性があり、最悪の場合死に至ることもあります。それ以外にも治療法が見つかっていない伝染病やダニやノミなどの寄生虫も持ち合わせているため大変です。ネズミ駆除をしないと、被害は人体だけでなく、建物や電線等にも影響してきます。ネズミは一生歯が伸び続けるため、いろいろな所に噛みつく習慣を持っています。そのため、断線や停電が起きることがあります。
ネズミは、小さいことや人に被害が発生しないかぎり危険視されることがないためネズミ駆除を行なうことを放置しがちです。しかし被害が起きてからでは取り返しのつかないことになるため、ネズミを見つけたら早めのネズミ駆除をおすすめします。